Doorkeeper

【全4回予定】第1回 RubyとVue.jsでTシャツショップを「考えながら構築」する【ゼロから作る】

2018-10-28(日)13:00 - 17:15

Impact Hub Tkyo

東京都目黒区目黒2-11-3 印刷工場1階

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

1,000円 会場払い
懇親会あり

詳細

ご注意

  • 全4回で完結する、シリーズでのハンズオンです
    一回で全てECサイトを構築することはできません

  • チームごとに設計を考えて頂きます
    設計をチーム別にレビューしあいながら、進めて行きます
    他の人の設計の仕方や考え方に触れる良い機会にしてください

私自身も、皆様の意見を聞きたいです

※重要※
途中から参加してもついていけない可能性があります、あらかじめご了承ください

Rubyを用いた実践的なwebサービスの構築手法を学びます

第一回は、開発環境の構築をした後、実際の商品を登録する画面と、商品一覧を表示する画面を実装します
最近のweb開発のトレンドを交えながら、ゼロからデータベースを設計し、機能を作り込んで行きます
まずは可能な限りシンプルなものを作り、少しずつ機能を追加していくことで、無理なくウェブの開発に必要な知識を蓄えて行きます
プログラミングの基礎知識はもちろんですが、データベースの設計のノウハウも身につくワークショップです

持ち物

ノートパソコン

必要な知識

プログラミングの基礎的な知識がある方が望ましいですが、エンジニアがどうやってデータベースの設計などをしてWebサービスを作っているのか興味がある方や学生の方もご参加頂けます

ツール、フレームワーク

  • github
  • cloud9
  • ruby(2.4)
  • ActiveRecord
  • postgreSQL
  • TypeScript
  • Vue.js

※予告なく変わる可能性があります、予めご了承ください

開発方針

フロントエンドとバックエンドの開発を切り分けるため、
RubyではAPIの提供と、バックエンド側の管理画面を担当させ、
フロントエンドは、Vew.jsを使ってAPIで連携して開発します

サーバーはherokuを利用し、DBはpostgreSQLを想定しています
画像などのリソースはs3にアップする想定です

コミュニティについて

X-HACK東京

X-HACK東京

プログラミングを学習しはじめたばかりの頃、なかなか思うように学習が進まなくて挫折しそうになった経験はありませんか? プログラミングの勉強を始めたばかりの頃は、覚えるべきことが沢山あります。 変数、関数、配列、ポイントや古典的なアルゴリズム、データベース、サーバー、バージョン管理ツールなどなど・・・ もちろん、プログラミングをする上で細かいプログラミングの知識が必要なのはいうまでもありませ...

メンバーになる